© 2023 by Jake Johnson. Proudly created with Wix.com

  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon

​スクスクと成長していくお子様

​ 大切な753を素敵に演出致します

ちゃんとジッとしてくれるかな。。。

笑顔で写真撮影できるかな。。。

心配されている親御様。大丈夫です!

プロのカメラマンが、楽しく遊びながら

子供さんにあわせて、撮影させていただきます。

衣裳・レンタル衣装

 

準備するものは特にございません!

たくさんのかわいい衣裳を取り揃えています

3才・5才・7才 男の子、女の子ともに、

それぞれの年齢にあわせた着物・袴をご準備しています。

神社にそのままお参りできる「おでかけプラン」もございます。

​どんな衣装があるのか、着用してみたいというお客様、

スタッフまでお気軽に、お申し付けくださいませ。

衣裳はご予約が必要な場合がございます。

料金プランになどに関しては、変動する場合がございますので、

にししなカメラまでお問い合わせください。

随時お申込みお待ちしております。

七五三(しちごさん)とは?

7歳、5歳、3歳の子どもの成長を祝う日本の年中行事であり、神社などで「七五三詣で」を行いご報告、感謝、祈願を行う奉告祭。

 

11月15日に行うのはなぜ?

旧暦の15日はかつては二十八宿鬼宿日(鬼が出歩かない日)に当たり、何事をするにも吉であるとされた。

また、旧暦の11月は収穫を終えてその実りを神に感謝する月であり、その月の満月の日である15日に、氏神への収穫の感謝を兼ねて子供の成長を感謝し、加護を祈るようになった。

男の子と女の子ではお祝いする年齢が違うの?

  • 数え年3歳(満年齢2歳になる年)を「髪置きの儀」とし、主に女児が行う(男児が行う例もある)。

  • 数え年5歳(満年齢4歳になる年)を「袴儀」とし、男児が行う。男子が袴を着用し始める儀。

  • 数え年7歳(満年齢6歳になる年)を「帯解きの儀」とし、女児が行う。女子が幅の広い大人と同じ帯を結び始める儀。

  • 最近では性別問わず三回すべて行うところもある。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now